3002年03月01日

犬の肺腫瘍

シーズ 雌 13歳半

2年8か月前に右の第3乳腺に13mm×14mm大のしこりがあり右側1〜5乳腺摘出手術
病理組織検査では、乳腺複合癌(低悪性度)、腫瘍の脈管内浸潤無しでした。

2年5カ月前に左乳腺に異常ないものの、左側1〜5乳腺を予防的に乳腺摘出手術


その後、特に異常はないもののワクチンで来院時に心臓に雑音がありレントゲン検査を実施すると以下のように肺にMass病変が偶然に発見されました。特に、呼吸などに異常はないとのことでした。

2年8ヶ月手術で摘出した乳腺部分に乳腺癌の再発はなし。


下:ワクチン時に偶然に発見された肺のMass病変 横の像

IM-0001-2002 11 (1).jpg

下:ワクチン時に偶然に発見された肺のMass病変 縦の像

IM-0001-2002 11 (2).jpg


高度医療動物病院で行った肺の細胞診では、上皮性悪性腫瘍が疑われ、乳腺癌の転移の可能性が高いとのことでした。
現在、ある種類の内服薬で治療中。


下:2か月後のレントゲン写真 横の像
IM-0001-2002.jpg

下:2か月後のレントゲン写真 縦の像
IM-0001-1001.jpg


2カ月前のレントゲンと比較して、肺の腫瘍の大きさはあまり変化がなく、小康状態を維持しているようです。

その後、6ヶ月経過しても肺の腫瘍は大きさ変化なく経過良好で推移中です。
posted by サム at 09:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。