3002年03月01日

セキセイインコの卵詰まり

4−5歳のセキセイインコが1週間前から元気がなく うずくまっていると連れて来られました。

お腹に少し、張りがあるようで超音波検査を実施しました。

下:総排泄腔付近の超音波画像
EMERGENCY015.jpg

総排泄腔のやや上部に超音波プローブを当てると丸い液体のマス画像が観察できました。
よってお腹の張りは卵の詰まりだと判断し、鉗子で卵を割り、優しく圧迫して詰まった卵を圧迫しながら摘出しました。


下:摘出した詰まっていた卵の殻
p10100019.JPG

外来での処置だったので、そのまま帰宅しました。
再び、卵が詰まる可能性もあり温度管理を指示しました。

卵詰まりで経過が長いと卵の殻とインコの粘膜の癒着がひどく剥がす際に出血を伴うケースもあり慎重な操作が必要な場合もあります。
posted by サム at 06:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。