3002年01月01日

高齢犬の前立腺腫大

15歳8か月 ダックスが血尿があると連れて来られました。


レントゲン検査、血液検査で異常なし
超音波検査で腎臓、膀胱は異常なしも前立腺がかなり肥大していました。腫瘍性の変化はないと思われました。

以前から診察の際に、直腸診で前立腺肥大を指摘しており一生涯のホルモン剤の内服に治療よりも去勢手術をお勧めしました。


下:レントゲンCR画像
IM-0001-2002.jpg

左の矢印が膀胱、右の矢印が前立腺と思われるものです。
直腸診、超音波検査でも同じ部位に前立腺があり今後、排便困難、排尿困難などの症状が生じる可能性もあり高齢ではあるものの状態の良い時に手術をした方が良いと思われました。


既往症としては、3年前に急性膵炎を発症して5日間入院治療歴がありその点の注意が必要でした。

高齢なのを考慮して当日入院手術、当日退院として犬へのストレスを最小限にしました。
手術は去勢手術なので手術時間は約10分程度です。
手術3時間後の血液検査では、手術前に異常なかった膵臓の数値が中程度上昇していましたので膵臓の内服を行い帰宅後も膵臓の内用薬投薬をして頂きました。

抜糸時に膵臓の検査を行うと数値は正常になっていました。
手術後は血尿もなく経過良好との事でした。
posted by サム at 06:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。