3002年01月01日

犬の耳にできた腫瘍

プードル 9歳8か月 去勢雄

数カ月前から右耳にシコリがありだんだんと大きくなってきたと連れて来られました。

3か月前に8.5mmだったのが14mmになり細胞診を行うと基底細胞腫(良性腫瘍)を疑うが一部の高分化型悪性腫瘍も完全には否定できないとの検査結果だったので切除手術を実施しました。

事前にレントゲン検査、血液検査で麻酔かけれる状態を確認し後日、手術を実施しました。

手術前の患部の写真は残念ながらスタッフが削除してしまいありません。


下:摘出した耳の腫瘍と思われるもの
P1010006.JPG

ついでに背中にできた皮膚の嚢胞の摘出手術と歯石除去を行いました。
麻酔の覚醒は良く、手術後の痛みもなく経過良好でした。


下:手術後の患部の写真
P1010003.JPG

耳の腫瘍は一部の耳ごとS字形に切除しました。 


下:手術後暫くたった患部の写真
CIMG1784.JPG

もう少し毛が生えてくれば外見上、左右の耳の違いは分からないと思います。

その後の病理組織検査で腫瘍は良性腫瘍でした。


posted by サム at 05:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。