3001年12月01日

猫の(破裂後に時間が経過したと思われる)肛門腺破裂

9歳 雑種猫 お尻に外傷があると連れて来られました。

患部を観察すると、肛門腺が破裂して5-6日ぐら経過していたみたいでした。
破裂した周りの皮膚も時間が経過したような状態で内科的な治療だと完治まで結構な時間がかかる感じでだったので血液検査、レントゲン検査
で異常なしを確認後に手術を実施しました。


下:麻酔中の患部の写真
P1010001.JPG


周辺の皮膚は盛り上がり内科的治療では完治に時間がかかると判断。


下:傷口周辺の皮膚を切除したもの
P1010007.JPG

傷口周辺の皮膚を360度切除して皮膚を縫合しました。


下:手術後の患部の写真
P1010011.JPG

翌日、退院としました。

その後,無事に抜糸しました。
posted by サム at 06:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。