3001年11月01日

犬の膀胱結石の手術

寒い時期は、飲水量の低下から膀胱炎が起きやすくなります。
特に膀胱内に結石がある犬では膀胱炎が起きてしまい各種検査で膀胱に結石が発見されることが多くなります。
連続で犬の膀胱結石の手術がありました。

6歳 チワワ メスが血尿で連れて来られました。
レントゲン検査で膀胱結石がありました。1週間内科的な治療を施しその後に手術を実施しました。

下:レントゲン写真 ラテラル像
IM-0001-10011.jpg

下;摘出した膀胱結石
P10100061.jpg

金平糖のような形状でした。

結石は、シュウ酸カルシウムでした。
posted by サム at 06:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。