3001年09月01日

犬の肥満細胞腫摘出手術

11歳の雄の柴犬の後肢にしこりができてここ2か月で大きくなってきたと連れて来られました。
院内の細胞診では、肥満細胞腫だと思われました。

下:院内での細胞診の顕微鏡写真(×1000倍)
P1010009.JPG

腫瘍の穿刺した細胞診では多数のMast cell(肥満細胞)がスライド上に多数ありました。

一応、検査センターにも細胞診を依頼してもらいましたがやはり悪性の肥満細胞腫でした。
再度、来院してもらい血液検査、レントゲン検査(胸部、腹部)異常なしを確認して後日手術を実施しました。

下:麻酔下、患部の写真 腫瘍は約20mm×30mm
P1010002.JPG

悪性腫瘍である程度の大きさがあったのでマージンは大きく切除しました。
また、悪性腫瘍なのでなるべく出血をさせないよう、また腫瘍下は筋肉も一部含めて大きく切除しました。

下:手術後、患部の写真
P1010014.JPG

左右の睾丸の大きさが2倍程度違うので腫瘍の可能性もありついでに去勢手術も実施しました。
また、顔の小さなしこりも含めて同時に3か所の手術を行いました。
翌日に退院としました。

その後の病理組織検査:
❶左臀部の腫瘍は肥満細胞腫でした。patnaikの分類法(T低グレード、U中グレード、V高グレード)では、Uグレードでした。犬の肥満細胞腫のうち約80%はUグレードです。生存中間値では、Vグレードでは4か月以下、Uグレードでは2年以上。

❷睾丸の腫瘤は、右睾丸はセミノーマ、ライディヒ細胞腫、セルトリ細胞腫の3種類が、左睾丸にはセルトリ細胞腫で確認されました。今後の注意が必要です。

❸口横の腫瘤は、皮脂腺腫でした。良性腫瘍です。
posted by サム at 02:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。