3001年07月01日

15歳 高齢犬の膝内側にできた腫瘤摘出

雑種犬 15歳 以前からある後足内側のしこりが最近大きくなり表面から分泌物が出ると連れてこられました。

分泌物の細胞診では、好中球(炎症細胞)と多数の球菌が存在していました。
内科治療で一時的に改善しても腫瘤はそのまま存在するので再び炎症性の分泌物が排出される可能性があり手術をお勧めしました。

下:麻酔後手術前の写真
P1010004.jpg

腫瘤の一部に穴があきそこから分泌物がでている画像

下:摘出した腫瘤
P1010008.JPG

犬は慢性のアレルギー性皮膚疾患があり皮膚は全体にわたり厚く、脂漏ぎみなので皮膚の癒合はかなり悪いのは今後、予想されました。
posted by サム at 09:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の後眼窩膿瘍の例

15歳半 ヨーキ 右目の下に穴が開いていると連れて来られました。

当初は内科的な治療を繰り返しある程度、改善しましたが完治には至らず麻酔にて抜歯を行いました。

下:麻酔下での患部の写真 
P1010001.jpg

抜歯をすると歯根部には膿が溜まっていました。歯根部は洗浄を行いました。

下:目の下の膿が出ていた部分
P1010011.jpg

ちょうど歯の延長線の目の下に部分には大きなカサブタがありました。そのカサブタを取ると上のような状態で皮膚には穴が空いていました。

下:抜歯した歯の写真
P1010006.jpg

抜歯した歯は臼歯といい歯の根元は3本あります。1本の根元がかなり太い犬だったので膿が溜まりやすい解剖上の理由があったのかもしれません。
posted by サム at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬で犬歯の乳歯が2本あった(過剰乳歯の)例

プードル オス 6か月

上顎の犬歯(永久歯)の後ろに乳歯の犬歯が2本あり去勢手術のついでに抜歯も行いました。
人では、永久歯が通常よりも多い場合は過剰歯と言うようです。今回のは乳歯なので過剰乳歯とでも言うのでしょうか?

下:麻酔下での乳歯の写真 矢印が乳歯2本の部位です
P1010002.jpg

麻酔下で抜歯をすると2本の乳歯はくっ付いていました。
歯の根元も2本に分かれていて乳歯は確かに2本ありました。

下:抜歯した乳歯2本
P1010004.jpg

上顎の反対側と下顎の2本の犬歯はすでに乳歯は無く、その部位だけ2本の乳歯がある状態でした。
犬猫では乳歯が2本あるのは稀な例だと思われます。
posted by サム at 07:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬で腹壁ヘルニアと思われたが・・・の例

1歳半のポメラニアン(避妊済み)が臍の左側に膨らみがあると連れて来られました。
様子見でも少しずつ大きくなってきているようだったので手術を実施しました。

下:麻酔後、手術前の写真
P10100702.jpg

手術では、シコリのほとんどは脂肪でした。ヘルニアと思われる穴は触診では確認できませんでした。

下:手術中の写真
P1010005.JPG

単なる脂肪の塊りなのか? 脂肪腫なのか? ヘルニアから腹腔中の脂肪がでてその後癒合したのか?
摘出した脂肪は一応、病理組織検査に出しました。

病理組織検査では、良性の脂肪腫でした。若い犬ではたまにこのような例があるそうです。
再発する場合もありますが、極まれで予後は良好だそうです。
posted by サム at 07:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12歳 高齢猫の口の痛み

12歳以上 過去にノラだった猫が口の痛みで連れて来られました。

口の周辺を触ると非常に痛がり口の中は良く観察できませんでしたが、体を触るとそんなに怒らないのに口周辺を触るとかなり痛がりました。ピンセットでおおざっぱに口内をチェックすると右上顎の臼歯に異常がありました。

各種血液検査(血球、生化学、血液凝固、ウィルス)で異常なしを確認して麻酔にて歯の処置を行いました。
レントゲン検査は性格上できないので麻酔したところで撮影する事にしました。

下:麻酔後に撮影したレントゲンCR写真
IM-0001-1001.jpg

レントゲン画像では、上顎臼歯は変位を起こしていました。また、上顎骨、下顎骨には異常はありませんでした。

下:麻酔中、抜歯した後の画像
P1010001.jpg

麻酔して口内を確認する右上顎の臼歯と左下顎の臼歯の2本が歯の根本で虫歯になっており抜歯を行いました。
尚。猫の臼歯の抜歯は根本が3本で歯自体が弱いので用手で行うと全て抜歯できない場合があうので高速回転の歯科用ドリルを用いて抜歯を行いました、抜歯した後の歯肉はレーザー照射で焼烙処置を行いました。
その日のうちに退院としました。
posted by サム at 05:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15歳 ヨーキ 子宮蓄膿症

15歳 ヨーキが4日前から食欲が全くないと連れて来られました。

BW1.9kg 血液検査で、強い炎症(CRP 20以上測定不能)と腎機能の軽度上昇がありました。

子宮蓄膿症では、手術後に急性腎不全になるケースがあります。これは子宮の中に膿が溜まる病気で、その膿の中の細菌が全身に回り引き起こされると思われます。よって十分な点滴が必要になります。
手術は麻酔量を少なくし、30分の麻酔時間で手術を終了しました。

下:手術中の写真 開腹して卵巣子宮を外に出したところの写真
P1010032.JPG

1日2回 腎機能をチェックし、2日間、入院治療をしてその後は通院退院としました。
その後、少しずつ元気、食欲は改善してきました。
posted by サム at 03:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15歳の猫の胸部皮膚脇に生じた線維肉腫

15歳 メス 脇腹にシコリがあると連れて来られました。

見ると右脇腹に25mm 大のドーム型をしたシコリがありました。腫瘤の中央は自壊していました。
なかなか猫を連れて来れないとの事だったのと自壊していたので、その日に血液検査、レントゲン検査を実施して麻酔できる事を確認し入院させました。

下:レントゲンCR画像 画像左は頭側 右は尾側です 矢印が脇腹にあるシコリ
IM-0001-2002.jpg

レントゲンCRでもはっきりとシコリは写り、硬いシコリなのが分かります。

下:麻酔中の患部の写真 シコリ中央は陥没し表面は赤みを帯びていました。
P1010002.JPG

次の日に手術を実施しました。通常は細胞診の結果を待って手術をしますが、検査結果に1週間程度かかりその間に自分で後ろ足で掻いて出血する可能性もあり、細胞診なしで手術を行いました。
手術では腫瘤の周囲、下方とも血管はほとんどなく出血させずに摘出できました。

下:摘出した腫瘤
P1010011.JPG

下:手術中の患部の写真
P1010009.JPG

手術翌日、入院して2日目に退院としました。

その後の病理組織検査では、線維肉腫でした。線維肉腫はワクチンした後にできることが多い腫瘍ですが、今回の症例はワクチン誘発性ではないようです。この腫瘍は犬猫ともに、高い局所再発能があり2か月から9か月で再発すると言われています。ワクチン誘発性の場合は転移するケースもあるようです。
posted by サム at 02:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳腺腫瘍(炎症性乳癌疑い)の症例

13歳半 ダックス 雌の第3乳腺全体がここ1か月で急に大きくなってきたと連れて来られました。

9か月前に第一乳腺数mmのしこりと第5乳腺に数cmの小さなシコリがあり、第1乳腺と第4乳腺+第5乳腺を摘出手術を行いました。高齢なので片側全摘出は行いませんでした。 
第1乳腺は良性、第5乳腺は低悪性で予後良好との結果でした。その時には第3乳腺には異常なしこりはありませんでした。

今回は第3乳腺全体がここ数週間で急速に大きくなってきたようでした。第2乳腺はしこりなし。
細胞診検査を行うと乳腺癌の可能性ありとの検査結果だったので、すぐに残りの2,3乳腺を摘出手術を行いました。

下:麻酔後、患部の写真
P1010033.JPG

第3乳腺は赤く、炎症性乳癌の可能性も考えてすぐに手術を行いました。多少の痛みもありました。
手術は、ラジオ波メス、シーリングシステムを用いて癌細胞が拡散しないよう出血をさせない事に注意してなるべく大きく患部を摘出しました。

下:摘出した乳腺
P1010040.JPG

大きく深く、出血させないで手術を実施しました。手術部位のしこりの回りや下方では思っていたよりも血管は多くはなかった(脈管浸潤は少ない)ように感じました。

下:手術後、患部の写真
P1010045.JPG

手術はシーリングシステムを用いて血管結紮はないので患部の痛みはほとんどありません。
手術前は若干、痛みのためか食欲が低下していましたが、手術後は痛みが無くなったためか食欲は改善しました。手術の翌々日に退院しました。
posted by サム at 01:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする