3001年04月01日

18歳の雄犬の睾丸摘出

約18歳の雄犬の右睾丸が大きくなってきたつ連れて来られました。
最初は右睾丸が縦30mm、横20mmでしたが、8日後には縦32mm、横25mmでした。
血液検査、レントゲン検査、心電図検査で異常なしを確認して5日後に手術で左右睾丸の摘出を行いました。

下:手術で摘出した(右)睾丸
P1010009.jpg

摘出した睾丸の中には膿が溜まっていました。

下:手術後の患部の写真
P10100030.jpg

麻酔の醒めも良く、翌日退院しました。

その後の病理組織検査では、・・・・   でした。

posted by サム at 09:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

去勢雄犬の肛門脇の深部にできた腫瘍摘出

約8歳 シーズ 雄
ワクチンの時に偶然に肛門横の深部に2cm大のしこりが発見しました。犬は特に症状はありませんでした。
細胞診では、軽度の炎症ありの所見でしたが、抗生剤の薬で反応はありませんでした。
場所が非常に手術しにくい深い会陰部なので早期に手術を行うことになりました。

下:手術後の患部の写真
P1010033.jpg

手術部位は、かなり深いのでペンロースドレナージを手術後3日間装着しました。


下:摘出した腫瘤
P1010040.jpg

摘出した腫瘤は、かなり固いものでした。

病理組織検査では、腺癌でした。
posted by サム at 08:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15歳7ヵ月齢の犬の抜歯処置+ついでに歯石除去

15歳7か月 ダックス 以前から慢性の鼻炎があり時々、鼻から少量の出血があるとの事で内科的な治療をしていました。昨年末から薬を飲んでも血液検査での炎症の数値があまり下がらないので麻酔処置にて上顎の犬歯の抜歯をお勧めしました。

1週間前に心電図検査、血液検査(炎症値やや高い)
当日に血液検査、レントゲン検査、血液凝固検査を行い入院麻酔処置を行いました。

当日は、事前に鎮痛処置、止血処置をおこない抜歯+歯石処置を行いました。

下:麻酔後の歯の写真 矢印の部分は膿をもっていました
P1010002.jpg

犬歯4本のうち3本と右の臼歯を1本 その他 を抜歯しました。
予想どおり犬歯の抜歯の際に抜歯部分と鼻から大量の出血がありました。

下:抜歯後の写真 出血部位に圧迫止血をしている写真
P1010005.jpg

事前の血液凝固検査に異常はなく また事前の止血処置のため出血はすぐに止まりました。

P1010007.jpg

その日の午後に退院としました。

ダックスフントとプードルなどの犬種では、歯の根本が深いので高齢になっても歯が取れずに歯根膿瘍を起こし、慢性の鼻炎や目の下に膿がたまる(後眼窩膿瘍)の発生があります。

日頃から歯の管理には注意をしましょう。

1週間後の炎症の検査は正常値で鼻炎は起きなくなっているとの事でした。
posted by サム at 07:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異物摘出手術(焼き鳥の串)

テリア種 8Y 雌

2週間前に焼き鳥を串ごと食べた。その後は異常なしも 本日、胸に痛みがあると来院

レントゲン検査異常なし(串はレントゲンで写らない)
血液検査では生化学異常なし CRP(炎症の検査)中程度の異常ありを認め、すぐに試験開腹を行いました。

下:開腹手術中の写真
P1010006.JPG
開腹手術を行うと、胃から串が飛び出していました。

下:開腹手術中の写真
P1010009.jpg
串が出ている胃には腸間膜が癒着して数ミリの穴を空け串が出ていました。癒着した腸間膜の一部は炎症のためか固くなっており、その部分は剥離切除しました。その後にその周辺を細胞診して細菌感染がないのを確認して(癒着した腸間膜はそのままにして)吸収性縫合糸で胃の穿孔部を縫合しました。最後に、お腹の中はサクション(吸引器)を用いて1リットル腹腔洗浄を行いました。

下:摘出した串
P1010018.JPG
串は全長13cmぐらいありました。

下:手術後の写真
P10100020.jpg
腹腔内にカテーテルを入れました。2日後にカテーテルは除去しました。

その後、徐々に食事を増やしました。抜糸の時には元気、食欲などに特に問題ありませんでした。


posted by サム at 06:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の乳腺腫瘍(一部左右同時摘出手術)

マルチーズ 雌(避妊済み) 10歳半

過去に子宮蓄膿症で卵巣子宮摘出あり。
数年前から乳腺に腫瘤があり、少しづつではあるが大きくなっているので手術を検討しているとの事でした。
細胞診では、良性の乳腺腫瘍。血液検査、レントゲン検査、心電図検査で異常なしを確認に後日、手術を実施しました。

下:麻酔時の患部の写真
P1010002.JPG

右の第4第5、左の第3第4第5に腫瘤があります。
特に右の第4乳腺部分と左の第3乳腺部分は大きな腫瘤でした。

左右を2回に分けて手術するよりも1回の手術で摘出することを検討しました。

下:手術後、翌日の患部の写真
P101000377.JPG

手術では、右の第4第5乳腺と左の第3〜第5乳腺を含む腫瘤を摘出しました。
下部の乳腺は左右同時手術を行いました。

ラジオ波メス、シーリングシステムを使用して手術は短時間で終了。翌日退院しました。
posted by サム at 05:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハムスターの不正咬合

1歳半のハムスターが夜間にずーと鳴いているとの主訴で連れて来られました。
身体検査をすると、まず左の頬袋に大量の食べ物があり、それは粘調性があり頬袋に強くくっ付いていたので少しづつ取り出しました。また他の異常所見として、上顎の前歯(切歯)の1本が内側に延びすぎて上顎に突き刺さっていました。
歯を切断後に出血することを了解して頂き、その歯を根本で切断しました。突き刺さった歯は上顎から取れて突き刺さった場所と鼻から大量に出血をしましたが、なんとか止血できました。

下:上顎に突刺さった歯
P1010004.jpg

ハムスターの切歯の処置後、出血も治まりなんとか治療は終了しました。頬袋の食べ物の残渣と歯の異常の因果関係はあったのかもしれません。

ハムスターの切歯は常生歯と言い、上下の歯の摩耗で伸びないようになっていますが、ゲージなどを噛む癖があると歯の位置がズレてしまい上顎の切歯が内側に延びすぎて突きささるケースがあります。一度ズレた歯は元に戻らないので定期的な歯のカットが今後必要になります。
posted by サム at 03:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膀胱内の結石が原因で血尿が続いた症例

5歳半のスコティッシュ・ホールド メスが2週間血尿が続くと連れて来られました。
レントゲン検査で膀胱内に2個の小さな結石がありました。超音波検査で膀胱粘膜に若干の肥厚がありました。尿検査で白血球+++、赤血球が+++で膀胱内に強い炎症があるので内科的な治療をして、その後に手術で結石除去をお勧めしました。

下:レントゲン検査では2個の小さな結石がありました。
IM-0001-1001.jpg

1か月以上内科的な治療でなかなか血尿が治まらず、膀胱粘膜の肥厚がやや治まったところで手術を行うことになりました。

下:手術中の写真 膀胱切開して結石を取り出していう写真
P1010002.JPG

手術後、翌日に退院としました。

下:摘出した膀胱内にあった結石2個
P1010004.jpg

結石は円盤型をして平べったく曲がりはギザギザしており楕円形のノコギリのような形状でした。

その後、経過良好で抜糸時には血尿はまったくないとのことでした。

結石分析検査では、結石の成分はリン酸マグネシウム・アンモニウム 98%でした。
今後は処方食による管理が必要になります。
posted by サム at 02:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬歯の歯根部の炎症に起因する慢性鼻炎

ポメラニアン 10歳 半年以上前から慢性の鼻炎がありくしゃみが続いていると連れて来られました。

以前に、同じような症状で右側の犬歯を抜歯してくしゃみが改善したことがありました。
今回は、左の鼻から透明な鼻水が少し出ていて毎日のようにくしゃみがあるとのことでした。
麻酔下での抜歯処置と歯石除去をお勧めしました。

内科的な治療を試みましたが、改善傾向がなく血液検査、レントゲン検査で麻酔できることを確認の上、後日抜歯を行いました。

下:麻酔中の写真 抜歯後の写真 
P1010002.jpg

既に右の上下の犬歯は以前の抜歯でなく、今回は左の上顎の犬歯を抜歯しました。抜歯の際に抜歯部位と鼻から大量の出血がありました。また、左下顎の犬歯にも異常があり抜歯を行いました。

下:抜歯した左の上顎と下顎の犬歯
P1010006.jpg

犬の犬歯の抜歯は、通常抜歯の際に大量の出血があります。当日に凝固検査で異常がないのを確認し、事前に止血剤の処置をして抜歯を行いました。静脈点滴などを行い、その日のうちに退院としました。
posted by サム at 01:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする